Posted by at

2010年12月26日

子供参加型『年末の小掃除』

先日23日は、我が家では、大掃除ならぬ小掃除を行いました。

私の担当は、普段と変らず、トイレ掃除と掃除機かけと布団ほし

それと、身の回りの片づけ である。icon108

ただ、その日は妻の負担を減らそうと思い、子供に朝食を食べさせ、

皿洗いをしようとしたのです。

その時、驚くことに4歳の長男が皿洗いを買ってでたのだicon59







汚れが十分落ちてなく、最終的にはママが洗い直したけど、その心意気には感心icon97

ついでなんで、掃除機もかけてもらったicon100







上手ではないけど、遊び半分でも家事を手伝うっていい心掛けだなと思いますねicon105

こんな時、子供には「パパ助かるよ!」とか「ホント役に立つね!」というと次も頑張って

くれるんですよね~。

それにしてもパパが動くと子供は変わるんですよね。 (良く言えば。テヘicon194

でも最近では、長男が生意気にも「パパ片付けてよ!」なんて言うようになってきたface08

イクメンとしても整理収納アドバイザーとしても子供から鍛えさせてもらってます。 

オイッface07


連載終了しましたが、先日、「パパを片付け上手にする方法」をふくおか子育てパークにアップしました。
http://www.kosodate.pref.fukuoka.jp/column/archives/2010/12/post_221.html

  


Posted by のぐりん at 23:14Comments(2)

2010年12月13日

子供の躾は三つだけ徹底すればよい

第一、 朝必ず親にあいさつをする子にすること


第二、 親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり
     
     返事のできる子にすること


第三、 履物を脱いだら必ず揃え、席を立ったら

     必ずイスを入れる子にすること


 これは人間学に造詣が深い森信三先生の言葉です。

上記三つの意図するところは、

一、 朝の挨拶によって前向きな姿勢を培うこと

二、 「ハイ」という返事で素直さが養われること

三、 人生でも仕事でも大切な、後始末のしっかりできること


大事なのは、ただ言ってきかせるのではなく、親の方からも挨拶をする、

父親の呼びかけに母親も「ハイ」と返事をする、両親とも後始末をキチンとする

ことだそうです。

 第三の後始末ですが、後片付けも入りますよね。

 夫婦でよく話し合って、実行していかなければですねicon14


「ふくおか子育てパーク」 にコラムを出しています。興味のある方は是非
http://www.kosodate.pref.fukuoka.jp/column/
  


Posted by のぐりん at 13:46Comments(0)