Posted by at

2010年10月30日

ものを大切にする ~ものとの関り方 不思議エピソード①~

今回はものを大切に扱うことを教えてくれた不思議エピソードを紹介します。

私は長年、HONDAのスーパーカブ(50CC)を愛用している。何といっても燃費がいい!

長年といっても、今年で8年目だが元々中古で買ったので、いかにバイクが頑張っているかがわかる。

しかし、ここ最近調子が悪く、いよいよ交換時期だと本気で思っていた。(妻にもそう話していた)

すると不思議なことが起こったicon67

10日程前、博多区千代のあたりを走っていると、後輪がパンクしたのである。

原因は古い外側のタイヤが内側のチューブを傷つけているそうな。

カブの場合、スクーターと違ってパンクすると、その場で降りなければなりません。

一番近いバイク屋さんに手押しで持っていこうと、その場でインターネットで調べると、

パピヨンプラザの近くにあった!しかもHONDA

バイクショップを見た時、驚いたのが、いわゆるバイク屋さんのようにバイクが無い!

いや、あるが3台程路上に置いているだけ、店内はスッキリ片付いているし

聞くと、カブ一筋51年と言うではないか!カブは今、誕生から52歳。

まさにカブとともに生きてこられた人だった!

なんという巡り合わせでしょう!

小一時間程でパンク修理と、色々と悪いところを応急処置をして頂いたが、またその調整が絶妙なのである。

そしてこの人の修理ならあと数年は乗れると思い、後日、悪いところすべて修理してもらったのである。



修理後走ると、とにかく何もかもスムーズで超快適に走るのである!

この体験は単なる偶然とは思えないのだ!

バイクが もっと走りたい と訴えたに違いない!

私が感心したのは、おじちゃんの入念な調整ぶりだけではなく、

チェーンのカバーの汚れが気になったのか、軍手で拭くのである。

何で拭くのかは別として、その触り方が我が子の口元の汚れを拭うような

愛情のこもった拭き方なのだ!

実は、その様子を思い出す度に涙があふれてくるのです。

ものを大切に使うことを、そのおじちゃんとバイクから教えて頂いたのでした。


バイク屋さん:博多区千代2丁目8-31  TEL092-651-2434
         (初代のカブが置いてありました)




  


Posted by のぐりん at 20:05Comments(7)